耳鳴り解消オススメ方法

耳鳴りを改善するのに必要な手段を大公開!

耳鳴りがして耳と頭が痛い女性

高血圧治療と目の動脈硬化が気になる時は眼科の診療所

高血圧治療薬には、カルシウムブロッカー、アンギオテンシン受容体拮抗薬、アンギオテンシン変換酵素阻害薬、β受容体遮断薬、利尿薬など様々なものがあります。他の疾患の有無や年齢などを考慮し、患者さんに一番合ったものを選択していきます。
高血圧症の治療はなぜ必要なのでしょうか。その理由の1つとして動脈硬化が挙げられます。動脈硬化は、文字通り動脈壁が固くなる状態をいい、これによって血管の柔軟性が失われ、血管が傷つきやすくなり、出血、血栓塞栓症などが引き起こされるリスクが高まります。このような合併症を防ぐためにも日々の血圧管理は非常に重要になってきます。
高血圧によって引き起こされる動脈硬化の影響はこれだけではありません。目の動脈硬化も症状として現れることがあります。眼科で診察を受ける男性目の動脈硬化では、網膜細動脈の動脈硬化が特に問題となります。もしこの部分に動脈硬化が起こると、コレステロールなどの沈着で血管の狭窄が起こり、血流が滞るようになります。血流が不足してしまうとその下流に存在する組織は壊死してしまいます。目の場合には視野欠損や、最悪の場合には失明の可能性もあります。
高血圧の治療をしていて、体の他の部分の動脈硬化を指摘された場合には、目の動脈硬化も同じように進行している可能性が高いです。目の動脈硬化が気になる場合には眼科の診療所でもその進行状況の検査が可能です。診療所で眼底検査をしてもらうと、網膜の血管の状態が分かります。ぜひお近くの診療所で気軽に検査してもらいましょう。
また動脈硬化は高血圧だけでなく、糖尿病、高コレステロール血症によっても進行していくため、血圧コントロールだけでなく、糖尿病、高コレステロール血症の治療も積極的に行いましょう。