耳鳴り解消オススメ方法

耳鳴りを改善するのに必要な手段を大公開!

耳鳴りがして耳と頭が痛い女性

高血圧からくる耳鳴り

日本人の4人に1人、4000万人が高血圧といわれています。
70歳以上で70%、50歳以上では40~50%、30歳代、40歳代でも20%が高血圧と呼ばれるほど多い病気です。
親が高血圧なら、その子供は60歳時点で高血圧になる確率は100%といわれています。

初期は目立った症状が出ないため放置する人が多いのですが、静かに病気は進行し、心臓肥大、心不全、タンパク尿、脳卒中、心筋梗塞、腎不全を起こす元になる怖い「サイレントキラー」です。
ひっそりと身体を蝕むイメージ
高血圧の初期は、自覚症状に乏しいのが特徴です。
このためサイレントキラーと呼ばれています。
普段から、血圧を定期的に測ることは有益です。
初期の自覚症状としては、頭痛(後頭部に心臓の拍動に一致した鈍痛を感じます)が、代表的な症状ですが、そのほか、目の奥の痛みや高血圧からくる耳鳴りもあります。

血圧が200を超えると、多少の苦痛を感じる方が多いのですが、260を超えるような極端な高血圧でも、自覚症状のない方もいますので、自覚症状だけで判断することは危険です。

「ミカルディス」とは、生理的昇圧物質であるアンジオテンシンⅡだけに働きかけて、血圧を下げる作用を発揮する薬です。
これにより、体の血管が広がり、また水分や電解質が調整されて、血圧が下がります。
心臓や腎臓の負担を軽くする効果も期待できます。

おもに高血圧症の治療に用いられます。
病状にもよりますが心臓病や腎臓病のも有効と考えられます。
血圧を適切に保つことは、将来起こるかもしれない脳卒中や心臓病、腎臓病を防ぐことにつながります。

従来のAce阻害薬に多く見られる「咳」の副作用がほとんどありませんし、服用後、すみやかに吸収される特長がある薬で、持続性があるので1日1回の服用で済むのも利点です。